MENU

皮膚トラブルで悩んだら

診察

白斑治療はここがおすすめ

白斑というのは皮膚の一部に色素がなくなった白い部分のことです。白斑は、日焼けや怪我などの皮膚への刺激がきっかけとなることが多いようです。刺激を受けた部位のメラニン色素を作る細胞を攻撃してしまうという自己免疫疾患です。この白斑の治療には、様々な方法がありますが、新宿皮膚科ではエキシマライトをもちいて、ターゲット療法を受けることができます。ターゲット療法は、治りにくいとされている手足の白斑にも効果が高いことで知られています。実際に新宿皮膚科で白斑の治療を開始した患者さんの多くに色素再生を起こすという良好な治療成績をおさめています。新宿皮膚科では白斑の治療に、ターゲット療法だけでなく、手術療法も取り入れています。これは、白斑部に電動マシンを使って、直径0.6mm〜1.3mmの孔をあけます。そこに正常な皮膚を移植するという方法です。ターゲット療法では効果があらわれない場合や、早く治したい場合、範囲が広い場合などは、手術療法を選択する。こともできます。このふたつの治療を併用することで、治りにくい白斑の場合でも、治療することができています。その他にも、新宿皮膚科では難治性の乾癬への治療にも力を入れていて、乾癬用の特別なローショを塗布してから、パワフルな光線を照射するという方法をとっています。この方法でなら、いままでの治療で効果がみられなかった人でも、乾癬が改善することがわかっています。最新の機種を備えている新宿皮膚科ならではの治療法です。

Copyright© 2017 皮膚科を受診したいなら|優良医院を選ぶコツを知っておこう All Rights Reserved.